• 古民家の魅力
  • 古材が活きるヴィンテージハウスの紹介
  • お問い合わせ
  • 古民家鑑定団BLOG
  • おすすめリンク
TOPICS
理事長BLOG
お問い合わせ
古民家の魅力

日本ならではの文化、木造住宅。最近では、およそ築50年以上の伝統的な木造住宅を「古民家」と呼ぶことが多いようです。 そして、味わい深い古民家に心惹かれる人も増えています。
住宅は、そこで暮らす人々の文化そのもの。日本家屋の骨組みとなる柱・梁などの木材、屋根の茅葺・藁葺・瓦葺、土壁、畳、そして仕上げ材の漆喰…、すべてが日本の風土や日本人の生活に根付いています。 モダンなコンクリート造りの家も素敵ですが、年月を経て趣きを増した伝統的な木造住宅は、とても和みを感じるものですよね。
良い古民家は伝統構法によって建てられ、良い古材は古民家を長く維持してくれます。いまだ現役で住まわれている古民家は、きっと素晴らしい職人さんの技と、材料を見抜く目によって造られたのでしょう。 また、建物がそのまま使用されていなくても、古材の柱や建具などを活かしたお洒落な住宅も人気があります。日本人としての「和の心」が、古民家や古材などに惹きつけられるのかもしれませんね。

古民家鑑定のすすめ

古民家鑑定は「環境に配慮しながら良いものをきちんと手入れして、長く大切に使っていきましょう」という想いから生まれました。古くなったからといって、解体して廃材にしてしまうのはもったいないですよね。 鑑定結果によっては、一部の補修で甦るかもしれません。または、まだ使える材があって、住宅の材料として再利用できる可能性もあります。
「老朽化が進んで、耐震も心配…」古い住宅の建て替えを考えている方は、まず鑑定を受けることから始めてください。環境への配慮はもちろん、経済的な面から考えても大切なことです。 日本文化が築いてきた伝統構法を未来へと伝えること。そして古材の新しい再生の機会を生み出すこと。それが古民家鑑定の大きな目的です。

関連リンク